意識のリボン

綿矢りさ「意識のリボン」を読了。

短編集だが、恋愛物がほとんどないことに安心した。(長編は恋愛物ばかりなので)

個人的な集中のベストは「岩盤浴にて」で、心理描写の細やかさに感心した。

「履歴の無い妹」も変わった恋愛物で面白かった。

これで現時点での綿矢作品はコンプリートしたが、綿矢の最高傑作は「夢を与える」である(異論は認めない)。

天城一の密室犯罪学教程

天城一天城一の密室犯罪学教程」を読了。

密室の短編集プラス密室に関する評論集。

短編にしてもかなり枚数の少ない作品が多い中、文字通り密室のオンパレードであり、密室ファンにはこたえられない内容であろう。

個人的な好みでは「星の時間の殺人」を挙げるが、トリックの独自性や破壊力では間違いなく「高天原の犯罪」が挙げられるだろう。

他にも「明日のための犯罪」が印象的だった。

手のひらの京

綿矢りさ「手のひらの京」を読了。

またまたまたまた恋愛物。

綿矢は器用な作家なので、本書も充分面白いし、水準以上の作品ではある。

ただ綿矢の作品における恋愛物の比率は異常な気がする。

綿矢本人をテレビで見たことがあるが、確かに男にモテるのだろうが、恋愛が大得意とか、百人斬りを達成しました、という感じではなかった。

綿矢の作品は恋愛物じゃなきゃ売れない、と編集者や本人が思い込んでいるとしたら、それはなかなかの悲劇である気がする。

図書館の殺人

青崎有吾「図書館の殺人」を読了。再読。

本書は青崎の最高傑作であり、私の本格ミステリベスト10にも入っている。

青崎はデビュー作「体育館の殺人」から、その作風の論理性には定評があり、平成のクイーンと評されたりもした。

ただ結末の意外性には欠けていて、「水族館の殺人」でも同様の傾向にあった。

「図書館の殺人」ではこの点を克服し、有栖川レベルの論理性と綾辻レベルの結末の意外性を兼ね備え、日本本格ミステリ界で近年稀に見る傑作となった。

結末の意外性を重視した作品でも「犯人は狂人だったからです」というような説明が多い中、青崎は結末の意外性においてもその論理性を貫き、どうして犯人がそのような行動を取ったのか合理的な説明をつけている。 

ここに青崎の本格ミステリ作家としての誠実性が現れており、青崎は現在日本本格ミステリ界を代表する作家の一人となっている。

もう一度繰り返すが、「図書館の殺人」は本格ミステリ作家・青崎有吾の最高傑作である。

 

硝子のハンマー

貴志祐介「硝子のハンマー」を読了。

密室ミステリの大傑作。

もはや新しいトリックはないと思われていた密室物の新機軸。

前半は普通にストーリーが進むが後半は倒叙物になり、物語が有機的に結合する。

トリックなどの説明が詳細で、相当な取材・下調べをしたものと推察される。

リング

鈴木光司「リング」を読了。再読。

ホラーの金字塔作品であり、読書家なら知らない人の方が珍しいだろう。

体裁はホラーだが、主人公が手掛かりを元に真相に迫っていく手つきは完全にミステリのそれであり、ラストにも本格ミステリ顔負けのどんでん返しが待ち受けている。

本作はホラー映画の快作「イットフォローズ」に多大な影響を及ぼしているだろう。