ゼロの焦点

松本清張ゼロの焦点を読了。

社会派推理小説の傑作である。

人間がよく描かれている、というのはこういう小説のことを指すのだろう。

一時期、新本格ミステリが人間が描かれていないと批判されていたことがあるが、松本の小説と比較されてしまうと、その気持ちはよくわかる。

 

麻耶雄嵩「螢」を読了。再読。

麻耶の作品はいつもエッジが利いていているが、その中でも極北に近いもの。

この作品のメイントリックは悪魔的で、前例がないとかそういうレベルではない。

真相は結構複雑で、作品の解説みたいなホームページを見てやっと全貌を理解。

断言してもいいが、麻耶こそが現代本格ミステリ界の頂点に位置している。

コンビニ人間

村田沙耶香コンビニ人間」を読了。

芥川賞を受賞した作品。

コンビニ勤めしかできない主人公の淡々とした描写が続く。

ただ、1箇所、妹の赤ん坊に対する記述で凄まじい表現があった。

この部分だけでも充分元が取れた感じ。

かなり読みやすいので、純文学初心者にもお薦め。

密室殺人ゲーム2.0

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読了。

前作よりさらにトリックの破壊力が増し、インモラル加減が増し、ラストの意外性もましている。

本格ミステリ大賞を受賞したのも納得の出来栄え。

歌野は小説部門で本格ミステリ大賞を2度受賞した唯一の人物であり、本格ミステリプロパーでない強みを存分にいかした作風である。

生首に聞いてみろ

法月綸太郎「生首に聞いてみろ」を読了。再読。

本格ミステリ大賞も受賞した作品で、練度の高いミステリ。

後半の展開はかなりエグい。

グッド・コマーシャル

西野亮廣グッド・コマーシャル」を読了。

人質立てこもりを扱ったドタバタコメディ。

西野さんという人は芸人なので、正直斜に構えて読んだが、面白い。

この人は芸人だけでなく、絵本作家としても活躍していて、多才な人だと感心する。

陰獣

江戸川乱歩「陰獣」を読了。

これは傑作。

表題作は本格ミステリとして非常に堅実な仕上がり。

「蟲」は乱歩の異常心理の描写のうまさが光っている。

昔の作品は、今読むとつまらないものと今読んでも面白いものとに二分されるが、

乱歩とか横溝は見事に後者。