星降り山荘の殺人

倉知淳「星降り山荘の殺人」を読了。再読。

倉知の代表作であり、発表当時話題となった。

メイントリックばかり喧伝されるが、細部も実によく練られており、感心した。

 

屍人荘の殺人

今村昌弘「屍人荘の殺人」を読了。

各種ランキングを総なめにしている話題作。

ホラーとミステリの完璧な融合で、非の打ち所がない傑作。

特殊な世界設定をしつつも、謎解きはストレートというのは、読む方にとっても意外と咀嚼がしやすい。

眠れる美女

川端康成眠れる美女を読了。

これはかなりの異色作。

特に表題作のインパクトは凄まじい。

筆力とはこういうことを指すのだ。

 

密室殺人ゲーム・マニアックス

歌野晶午「密室殺人ゲーム・マニアックス」を読了。

密室殺人ゲームシリーズ第3作であるが、このシリーズはどれも本当に面白い。

歌野はデビュー作から知っていたが、このシリーズを見逃していたのは悔やまれる。

「葉桜の季節に君を想うということ」にも言えることが、歌野は本格ミステリプロパーでないが故に、自由な発想を存分に作品に取り込むことができていると想う。

誰彼

法月綸太郎「誰彼」を読了。再読。

この作品はパズラーの中のパズラーという感じ。

複雑すぎて法月作者本人すら同じようなものは書けない、と巻末に記している。

若干24歳でこの作品を書き上げた法月は、この時点で新本格の第一人者としての地位を確かなものにしている。

作中で使用されている小道具から、コリン・デクスター「ニコラス・クインの静かな世界」の影響を受けているのは明らかである。(僕はこの作品がデクスタの最高傑作と思っている)。

古都

川端康成「古都」を読了。

執筆時に若干睡眠薬の影響を受けていたらしく、酩酊感のある場面も多い。

ただし、川端の本なので三島や谷崎の著書と比較すれば、明らかに読みやすく大衆的である。

川端の著作は夏目漱石のそれより普遍性が高いような気がするので、純文学初心者にも安心してお薦めすることができる。

マークスの山

高村薫マークスの山」を読了。

警察小説の白眉。

重厚な小説だが、高村作品の中では読みやすい部類ではないだろうか。

殊能将之の「ハサミ男」は明らかにこの作品の影響を受けていると思われる。