伊豆の踊子「

川端康成伊豆の踊子」を読了。

表題作はみずみずしい作品。

「温泉宿」はもろに風俗の話で度肝を抜かれる。

表題作と対照的な作品。

向日葵の咲かない夏

道尾秀介の向日葵の咲かない夏を読了。

とても暗い小説なのに、かなり売れたことにびっくり。

超常現象を取り扱っていて、SFミステリというような感じ。

 

 

さらば長き眠り

原りょう「さらば長き眠り」を読了。再読。

沢崎シリーズは安定の面白さ。

完璧なまでの本格ミステリ

沢崎が千里眼のような推理力を持っているのが印象的。

密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午の密室殺人ゲーム王手飛車取りを読了。

かなり先鋭的な内容で面白かった。

登場人物のモラルが完全に壊れているのも現代的。

雪国

川端康成「雪国」を読了。

大江健三郎と並び、ノーベル文学賞を受賞している日本人である川端康成の代表作。

難解な文章の大江とは異なり、読みやすい文章でグイグイページが進む。

サラサラとした清涼飲料水のような読後感。

乱れからくり

泡坂妻夫「乱れからくり」を読了。

奇術師でもあった泡坂らしいトリック満載の本格ミステリ

複数の殺人事件が起こるのだが、その真相の中に、

一つ絵的にとても興味深いトリックがあった。

頭の中にイメージした時に、とても印象深いのだ。

島田荘司の傑作にも同じようなイメージを抱く。

リバーサイド・チルドレン

梓崎優「リバーサイド・チルドレン」を読了。

第一作「叫びと祈り」の流麗な文体とは異なり、至って普通の文章なのに驚いた。

内容はホワイダニットを重視しており、舞台のカンボジアの特殊性を最大限に活かしている。

佳作だが、「叫びと祈り」の華麗な文章の方に、僕はより惹かれている。