身代わり

西澤保彦「身代わり」を読了。

疑いなく西澤の代表作に数えられる傑作。

殺人の動機はかなりエグい。

間違いなく被害者は浮かばれない。

P252の2行目で思わず笑ってしまった。

本作では鯉登というミステリアスな少女が出てきて、殊能将之ハサミ男」を連想した。

大地のゲーム

綿矢りさ「大地のゲーム」を読了。

綿矢にしては珍しいSF物というか異世界物。

物語の展開とか会話の意味不明さはなかなかのもので、「なかよくしようか」の系列かもしれない。

本作は村上龍のSF物の影響を受けているものと思われる。

犬神家の一族

横溝正史犬神家の一族」を読了。

横溝の代表作の中の一つであり、大トリックが仕掛けられている。

作中では、映画でも有名なホラー的なシーンもあるのだが、横溝はカラッとした筆致で描いている(乱歩だったらドロッとした書き方をしたと予想される)。

本格ミステリが好きなら、必読の一冊。

 

しょうがの味は暑い

綿矢りさ「しょうがの味は暑い」を読了。

さすがにこのタイトルはいかがなものかと思われた。

綿矢のお得意とする恋愛物。

ですます調の文体が心地良い。

2つの中編が連続物なのにはびっくり。

夏と冬の奏鳴曲

麻耶雄嵩「夏と冬の奏鳴曲」を読了。再読。

麻耶の最長長編にして最高傑作である。

今まで何千冊ものミステリを読了してきたが、その中でも5本の指に入る逸品。

本格ミステリの愛読者なら、麻耶がこの作品を刊行した年齢が24歳という事実に打ち震えるであろう。

今回の再読で気づいたが、本作は殊能将之「美濃牛」にかなり強い影響を与えている。

 

 

罪の名前

木原音瀬「罪の名前」を読了。

ホラー短編集だが、収録作の中では圧倒的に「罪と罰」が面白い。

サイコパス物だが、最初から最後までパーフェクトな作品。

ドストエフスキーの著作名を冠するだけのことはある。

この一編はもう少し話題になってもいいのではないか。

ひらいて

綿矢りさ「ひらいて」を読了。

綿矢の作品は大雑把に分類すると、恋愛ものとホラー風味の純文学に大別されると思っている。

この作品は前半が恋愛もので、後半がホラー風味な感じ。

綿矢の本領はホラー風味の純文と思っているので、当然ながら後半の方が楽しめた。