密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午の密室殺人ゲーム王手飛車取りを読了。 かなり先鋭的な内容で面白かった。 登場人物のモラルが完全に壊れているのも現代的。

雪国

川端康成「雪国」を読了。 大江健三郎と並び、ノーベル文学賞を受賞している日本人である川端康成の代表作。 難解な文章の大江とは異なり、読みやすい文章でグイグイページが進む。 サラサラとした清涼飲料水のような読後感。

乱れからくり

泡坂妻夫「乱れからくり」を読了。 奇術師でもあった泡坂らしいトリック満載の本格ミステリ。 複数の殺人事件が起こるのだが、その真相の中に、 一つ絵的にとても興味深いトリックがあった。 頭の中にイメージした時に、とても印象深いのだ。 島田荘司の傑作…

リバーサイド・チルドレン

梓崎優「リバーサイド・チルドレン」を読了。 第一作「叫びと祈り」の流麗な文体とは異なり、至って普通の文章なのに驚いた。 内容はホワイダニットを重視しており、舞台のカンボジアの特殊性を最大限に活かしている。 佳作だが、「叫びと祈り」の華麗な文章…

私が殺した少女

原りょう「私が殺した少女」を読了。 再読だが、やはり本格ミステリの要素を強く持つ傑作。 評論家の大森氏も指摘しているが、探偵の沢崎がやたら直観がするどい。 よくこの真相を見抜けたなという感じ。

双蛇密室

早坂吝「双蛇密室」を読了。 究極のバカミスというか、こんな話を思いつくのは間違いなくこの人だけ。 個人的にはアリだが、評価は人によってわかれるはず。 早坂の最高傑作は2作目の「虹の歯ブラシ」だと思っている。

豊饒の海

三島由紀夫「豊饒の海」全4巻を読了。 三島作品はとにかく文章を読んでいるだけで、心地いい。 プロットはそれほど常人離れしているわけではないが、とにかく文章力。 全4冊の中では1冊目の「春の雪」が一番面白かった。

国盗り物語

司馬遼太郎「国盗り物語」を読了。 斎藤道三の成り上がり物語という感じ。 歴史小説を読むのは久しぶりだが、面白かった。 この小説は結構濡れ場もあります。

そして夜は甦る

原尞のそして夜は甦るを読了。 再読だが、おもしろさは相変わらず。 ぼくのみたてでは、原尞は本格ミステリ作家でもある。 どんでん返しの要素が極めて強いのだ。

化石少女

麻耶雄嵩の化石少女を読了。 地味だが麻耶らしい趣向をこらした一冊。 これで麻耶作品は現時点でコンプリート。

あぶない叔父さん

麻耶雄嵩のあぶない叔父さんを読了。 叔父さんが探偵役の6つの短編集。 麻耶の作品としてはインパクトが弱いが、麻耶は元々の力が桁違いなので、普通に面白い。 一つだけパターンが違うのがあったのが気になった。

仮面の告白

三島由紀夫の仮面の告白を読了。 再読だが、改めて感銘を受ける。 文体だけでも、十分圧倒される。

さよなら神様

麻耶雄嵩のさよなら神様を読了。 麻耶にしか書けない傑作。 最後に円環が美しく閉じる。 日本の本格ミステリの第一人者は麻耶で決定。

刺青殺人事件

高木彬光の刺青殺人事件を読了。 密室トリックがシンプルだが、面白い。 囲碁と将棋を指す必要は、あったのか?

かもめのジョナサン

かもめのジョナサンを読了。いちど読んだことがあるが、再読。やはり傑作。努力すればいいのに、なぜ努力しないんだ、と言うようなセリフがとても胸を打つ。

誰も僕を裁けない

早坂吝の誰も僕を裁けない、を読了。トリックはありきたりだが、社会派との融合が見事。僕は2作目の虹の歯ブラシがこの人の最高傑作だと思っている。しかし、早坂の書く濡れ場は不思議といやらしくない。

何者

朝井リョウの何者、という本を読了。文体はあまり好きではないが、人間観察が細やか。就活に苦戦した人には、特におすすめの傑作。

初めてのはてな

はてなブログを初めて使う。一週間に一回は書き込みをしたい。毎日は多分無理^ ^

初めてのはてな

はてなブログを初めて使う。一週間に一回は書き込みをしたい。毎日は多分無理^ ^