乱れからくり

泡坂妻夫「乱れからくり」を読了。

奇術師でもあった泡坂らしいトリック満載の本格ミステリ

複数の殺人事件が起こるのだが、その真相の中に、

一つ絵的にとても興味深いトリックがあった。

頭の中にイメージした時に、とても印象深いのだ。

島田荘司の傑作にも同じようなイメージを抱く。