陰獣

江戸川乱歩「陰獣」を読了。

これは傑作。

表題作は本格ミステリとして非常に堅実な仕上がり。

「蟲」は乱歩の異常心理の描写のうまさが光っている。

昔の作品は、今読むとつまらないものと今読んでも面白いものとに二分されるが、

乱歩とか横溝は見事に後者。