麻耶雄嵩「螢」を読了。再読。

麻耶の作品はいつもエッジが利いていているが、その中でも極北に近いもの。

この作品のメイントリックは悪魔的で、前例がないとかそういうレベルではない。

真相は結構複雑で、作品の解説みたいなホームページを見てやっと全貌を理解。

断言してもいいが、麻耶こそが現代本格ミステリ界の頂点に位置している。