密室殺人ゲーム・マニアックス

歌野晶午「密室殺人ゲーム・マニアックス」を読了。

密室殺人ゲームシリーズ第3作であるが、このシリーズはどれも本当に面白い。

歌野はデビュー作から知っていたが、このシリーズを見逃していたのは悔やまれる。

「葉桜の季節に君を想うということ」にも言えることが、歌野は本格ミステリプロパーでないが故に、自由な発想を存分に作品に取り込むことができていると想う。