山の音

川端康成「山の音」を読了。

家庭の内紛を家長の視点から淡々と描いた物語。

おそらくは川端の最高傑作ではあるまいか。

この小説を読んで、映画「ゴッドファーザー2」を連想したのは僕だけではないはずだ。