叫びと祈り

梓崎優「叫びと祈り」を読了。

間然する所がない傑作連作短編集。

本格ミステリとしては「砂漠を走る船の道」、物語としては「叫び」が出色の出来栄え。

「叫び」はラストの真相より、途中の仮説の方に説得力があると思った。

歳下にこのような逸品を書かれると、作家になろうなどという野心は物の見事に打ち砕かれてしまう。