憤死

綿矢りさ「憤死」を読了。

ホラー風味の純文学の短編集。

4つの短編の中では表題作ではなく、「トイレの懺悔室」が最も優れていると感じた。

この人はこの方向性がベストだと思う。