吸血の家

二階堂黎人「吸血の家」を読了。再読。

二階堂は大長編「人狼城の恐怖」が有名だが、最高傑作は疑いなく「吸血の家」だと思う。

足跡のない殺人物の白眉であり、同ジャンルでこれを超える作品は出てこないものと思われる。