ウォーク・イン・クローゼット

綿矢りさ「ウォーク・イン・クローゼット」を読了。

中編「いなか、の、すとーかー」は綿矢の実体験も織込まわれているように感じた。

表題作はオシャレな恋愛物兼芸能界物。