勝手にふるえてろ

綿矢りさ勝手にふるえてろ」を読了。
表題作は中学の同級生と会社の同期をめぐる恋愛物。
綿矢は決してこのような小説を書きたくて書いているわけではないと思うが、主人公の女性の繊細な内面をうまく描けている。
「仲良くしようか」は意味不明な小説で、解説の辛酸にも見事にスルーされている。