解体諸因

西澤保彦「解体諸因」を読了。

論理的かつ初期設定の破天荒さで有名な西澤のデビュー作である。

処女作だけのことはあり、トリックおよびロジックの濃厚さは比類ない。

本格ミステリ的にとりわけ第一因「解体迅速」は完成度が高い。

個人的にツボなのは第五因「解体守護」であった。

西澤の代表作はある程度押さえていたつもりだが、本作を見逃していのは悔やまれる。