ひらいて

綿矢りさ「ひらいて」を読了。

綿矢の作品は大雑把に分類すると、恋愛ものとホラー風味の純文学に大別されると思っている。

この作品は前半が恋愛もので、後半がホラー風味な感じ。

綿矢の本領はホラー風味の純文と思っているので、当然ながら後半の方が楽しめた。