身代わり

西澤保彦「身代わり」を読了。

疑いなく西澤の代表作に数えられる傑作。

殺人の動機はかなりエグい。

間違いなく被害者は浮かばれない。

P252の2行目で思わず笑ってしまった。

本作では鯉登というミステリアスな少女が出てきて、殊能将之ハサミ男」を連想した。