硝子のハンマー

貴志祐介「硝子のハンマー」を読了。

密室ミステリの大傑作。

もはや新しいトリックはないと思われていた密室物の新機軸。

前半は普通にストーリーが進むが後半は倒叙物になり、物語が有機的に結合する。

トリックなどの説明が詳細で、相当な取材・下調べをしたものと推察される。