手のひらの京

綿矢りさ「手のひらの京」を読了。

またまたまたまた恋愛物。

綿矢は器用な作家なので、本書も充分面白いし、水準以上の作品ではある。

ただ綿矢の作品における恋愛物の比率は異常な気がする。

綿矢本人をテレビで見たことがあるが、確かに男にモテるのだろうが、恋愛が大得意とか、百人斬りを達成しました、という感じではなかった。

綿矢の作品は恋愛物じゃなきゃ売れない、と編集者や本人が思い込んでいるとしたら、それはなかなかの悲劇である気がする。