天城一の密室犯罪学教程

天城一天城一の密室犯罪学教程」を読了。

密室の短編集プラス密室に関する評論集。

短編にしてもかなり枚数の少ない作品が多い中、文字通り密室のオンパレードであり、密室ファンにはこたえられない内容であろう。

個人的な好みでは「星の時間の殺人」を挙げるが、トリックの独自性や破壊力では間違いなく「高天原の犯罪」が挙げられるだろう。

他にも「明日のための犯罪」が印象的だった。