意識のリボン

綿矢りさ「意識のリボン」を読了。

短編集だが、恋愛物がほとんどないことに安心した。(長編は恋愛物ばかりなので)

個人的な集中のベストは「岩盤浴にて」で、心理描写の細やかさに感心した。

「履歴の無い妹」も変わった恋愛物で面白かった。

これで現時点での綿矢作品はコンプリートしたが、綿矢の最高傑作は「夢を与える」である(異論は認めない)。