隻眼の少女

麻耶雄嵩「隻眼の少女」を読了。再読。

本格ミステリ大賞を受賞した麻耶の代表作である。

女性は必ず名前に「菜」がついている琴折家をめぐる殺人事件。

とにかくロジックの密度が尋常でない。

にも関わらず麻耶の初期作品と比べ、明らかに物語としてわかりやすくリーダビリティが高い。

麻耶の作品を初めて読むという人には、この本をお勧めする。

知る人ぞ知る作家だった麻耶が、本書と映像化された「貴族探偵」で人気を博したことはファンとして喜ばしい。