スクラップ・アンド・ビルド

羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」を読了。

第153回芥川賞を受賞した作品。

介護問題を扱っている小説で、個人的に身につまされた。

家庭内介護の難しさを赤裸々に書いていて、当事者にとっては胸が痛く、まだ経験したことのない人にとっては登場人物のキツさに驚くかもしれない。

かなり読みやすいので万人にお勧めできる作品。